サーバーが壊れた場合や不具合があった場合の料金を確認しよう

大型のサーバーはトラブル発生時の費用が高くなりやすいので注意

ウォーターサーバーの導入を検討するにあたっては、サーバーが壊れた場合や不具合があった場合に支払いが必要となる料金について詳しく確認する必要があります。たとえば、レストランや公共施設などに普及している大型のサーバーは、トラブル発生時に専門的な知識や技術や、大掛かりなパーツ交換が必要となることがあり、多額のコストの支払いを求められるケースも少なくありません。また、サーバーの種類によっては出費が嵩むだけでなく、修理対応をしてもらえるまでに長い期間が掛かることもあるため注意を払うことが大切です。なお、万一のトラブル発生時の費用を最小限に抑えたい場合は、法人を対象としたアフターサポートに定評がある業者と契約を結ぶことが肝心です。

コンパクトサイズのサーバーはほとんど費用が掛からない

一戸建てやマンションなどに配置されることが多いコンパクトサイズのウォーターサーバーは、使用中にトラブルが発生した場合でも業務用のものと比べてほとんど費用が掛からないといったメリットがあります。一般の顧客に向けたサービスが優れている業者の中には、数か月おきの定期点検や簡単な部品交換などを無料で対応したり、問題発生時に担当者がすぐに自宅まで駆けつけてくれたりするところも多く見られます。 そのため、コストをなるべく節約しながら家庭用のウォーターサーバーを使い続けたい場合には、導入後のサポートの良し悪しや料金に目を向けて業者選びをすることがおすすめです。その他、契約前に実際に家庭向けの製品を長く愛用している人の体験談をチェックするのも良いでしょう。

ウォーターサーバーの価格はスーパーでお水を買うのと比べると少し高く感じるかもしれません。ですが、夜中に赤ちゃんのミルクを作る時などいつでもすぐにお湯が出てとても便利です。ペットボトルのゴミも出ません。