家族構成を考慮しよう

家族の人数を考えて契約プランを決める

家族構成を考慮して、契約するウォーターサーバーのサービスは選んだ方が良いでしょう。同じ家庭用のウォーターサーバーでも、近ごろはサービスの多様化が進んでおり、タンクの容量や宅配の頻度も様々です。例えば、夫婦と子どもが一人の3人家族であれば、小サイズのタンクのウォーターサーバーが適しています。水の消費量もそれ程多くないので、宅配頻度も少なめなプランが合っています。 一方で5人以上の家族と暮らすご家庭であれば、大きなタンクを持つウォーターサーバーが必要です。成人男女が5人以上いれば、ごく普通に暮らすだけでも消費量が多くなりますので、水の宅配頻度も多めが安心です。二世帯同居の住宅の場合、小サイズのタンクでは水不足になりやすく、少し余裕を持たせたプランを契約した方がストレスが減り、費用対効果が良くなりやすいです。

同じ人数でも水の消費量は変わる

同じ4人家族でも、ご家庭によって水の消費量は変わる方が普通です。例えば、高校生の男女が2人と現役世代の成人男女が2人の4人家族と、4人全員がシニア世代のご家庭では、やはりウォーターサーバーの消費量にも変化が生まれます。 いわゆる育ち盛りである高校生男女は、普段からよく水を飲みます。現役世代の成人男女も健康のため、水分補給ための日常的にミネラルウォーターは飲みますが、対照的にシニア世代の方々は消費量が他の世代に比べて少なめです。人数が多くても家庭全体のミネラルウォーター消費量が少なめなら大きめのタンクではなく、中サイズの容量が適しています。家族全員が普段からよく水を飲み、調理やペットの飼育に利用するご家庭であれば、子どもと両親だけの家庭でも大きいサイズのウォーターサーバー契約が必要です。